喫茶ぐうのね〜人生ちょっと休憩中〜

セルフケアと暮らしのブログ

【完全版】挿し木成功の秘訣!ローズマリー

本ページはプロモーションが含まれています

ローズマリー挿し木に大成功!成功率9割以上

今年はローズマリーの挿し木に大成功し、コツがわかってきました。 手間も特別な道具も必要なく、成功率9割以上です。

ローズマリーの挿し木は難しい印象がありましたが、コツを掴めば簡単です!

ローズマリーだけでなく、他の植物の挿し木にも使えるやり方なので、備忘録として書きます。

成功の秘訣

時期が命!

一番大事なのが、挿し木をする時期。

ベストなのは、春〜初夏。 最低気温が15°C以上の時がいいです。

梅雨の時期も水切れを起こしにくいので、挿し木にはベスト。

避けた方がいいのは、

  • 植物の成長が鈍る真冬
  • 猛暑で水切れしやすい真夏

この2つの時期は初心者は避けましょう。 失敗報告多数です。

筆者も、真夏に挿し木にチャレンジして失敗した経験があります。

元気な親株から!

親株が病気だったり、元気がないと挿し木は成功しません。

根っこを出す元気がないからです。

また、親株も弱ったり、最悪枯れてしまうかもしれません。 親株の元気のない時は、まずは親株の育て方を見直しましょう。

ローズマリーの場合、

  • 根詰まりしている

  • 土の水はけが悪い

  • 日当たりが悪い

  • アブラムシなどにやられている

などが、元気のない主な原因です。

水に挿したら気を長く待つ

挿し木には2つのやり方があります。

  • 最初から土に挿すやり方
  • 水挿しで発根させてから土に移す方法

わたしのおすすめは後者の水挿し先行型

その理由は、

  • 土に挿すと、どうしても発根しているか気になってほじってしまう

  • 水挿しだと、毎日発根しているか確認できる

  • 水挿しの方が水換えで清潔に管理できる。傷口からばい菌が入りにくい

  • 水挿しの方が水切れの心配が少ない

  • 水挿しの方が屋内で管理できて管理しやすい

などなど。

わたしはせっかちなのか、ついついほじってしまって失敗してしまいます。

花瓶や空き瓶に水挿しして、屋内で植物を楽しみつつ、 しばらくしたら根が出てる!というスタンスの方が成功しやすいです。

挿し木の事前準備

必要なもの

  • 清潔なハサミ

  • 清潔な花瓶または空瓶

  • 新しい土

必要なものはこれだけ!

ハサミが植物の病気を媒介することがあるため、清潔なハサミを使用してください。 古いハサミを使用する場合は、熱湯やエタノール、次亜塩素酸ナトリウムなどで消毒してください。 わたしは、面倒なので消毒しないでやってしまっていますが、おすすめはしません。

花瓶や空瓶も、水カビなどが発生しないように消毒するのがベターです。

また、発根が成功した後に植えるための新しい土もご用意ください。

根が少ししか出ていない最初は、土が乾くとすぐに水切れを起こして枯れてしまいます。 かといって、水はけが悪いと根腐れを起こしてしまいます。水はけと水持ちのバランスの良い土をご用意ください。

わたしは赤玉土と腐葉土を7:3で混ぜたものを使用していますが、 土のブレンドが面倒な時は挿し木専用土が便利です。

古い土(未消毒)だと切り口からばい菌が入ってしまい、挿し木の成功率が下がります。 土を再生・消毒する方法もありますが、挿し木のためだけにやるのは大変なので新しい土を使いましょう。

切る枝の選び方

木質化していない、茎が黄緑の枝を選んで切りましょう!

木質化とは、茎が木のように茶色く、硬くなること。 木質化した部分は根っこを出しにくくなるので、挿し木には向きません。

なお、根本が木質化していても、切り離す部分(先端部分)が黄緑ならOKです。

OK例↓

茎が緑ならOK!

NG例↓

木質化した部分はNG!

具体的なやり方

やり方はたったの3ステップ! それぞれのステップで注意すべきこともお伝えします。

①茎が緑の部分をチョキン。長さは5~10センチ程度で。

わき芽の上で切る

清潔なハサミで、ローズマリーの先端から5~10cmを切ります。 この時、わき芽の上で切ると、親株がまたこんもり茂ってくれます。

②下葉を水に浸かる部分まで取る

青丸部分の葉を取る

水に浸かる部分に葉っぱがあると、水を汚す原因になります。 水に浸かる部分の葉っぱは落としましょう。

手でプチっと取ってしまうか、葉っぱの根元でハサミで切ります。

手でとる場合、茎の皮までピーっと取れてしまわないように注意してください。

茎の皮をたくさん剥いてしまうと、茎が腐りやすくなってしまいます。

③花瓶や空瓶に挿し、水を入れる

瓶に挿して、水道水を入れて根っこが出てくるのを待ちます。 水が濁ったり、藻が生えたら水を換えます。

毎日水を換える必要はありません。 水が透明な場合、減った分の水を足すだけでOKです!

早ければ1週間程度で根っこが出てきます。

なかなか根っこが出なくても、腐ったり枯れたりしていなければ根っこを出す可能性があります。 気長に待ちましょう。

途中で腐ったり枯れたりした枝は、水を汚すので取り除いてください。

置き場所は直射日光の当たらない、明るい窓際がおすすめです。

【注意】発根促進剤の使用について

世の中には発根促進剤というものがあります。 ルートンという商品が有名ですね。 これを使うと植物ホルモンの作用により、発根しやすくなり、挿し木の成功率が上がります。

しかし、発根促進剤は「食用作物には使用しないこと」との注意書きがあります。 使って人体にどんな影響があるのか?はメーカーが試験をしていないのでわかりません。

ローズマリーの場合、直接葉っぱを食べることはないかもしれません。 しかし、ハーブティーにしたり、肉料理の香り付けに使ったりしますよね。

直接食べないにしても、発根促進剤の使用は安全のために控えるべきだと思います。

ローズマリーなどの食用ハーブに発根促進剤の使用を推奨しているサイトが多くあったため、 注意喚起をしようと思い書きました。

食用で使用しない場合は発根促進剤を使用しても大丈夫です。

根っこが出た後の管理

根っこが出たら、なるべく早く土に植える

水挿しで発根したら、なるべく早く土に植えます。 なぜなら、植物にとって水用の根っこと土用の根はまるで別物だから。

  • 水中の根っこ→低酸素に強い。水がたくさんあるので、水を吸い上げすぎない

  • 土中の根っこ→乾燥に強い。水を吸い上げる力が強い

といった特徴があります。

早く土に適応してもらうため、根っこが出始めたら土に植えます。

土を乾かしすぎないように注意する

水やりは、表面が乾いたらたっぷりと。

水やりを忘れてカラカラになってしまうと、せっかく発根した根っこがダメになってしまいます。

水やりだけでなく、置き場所も重要です。 ローズマリーは多湿に弱く、乾燥気味が好きな植物ですが、しっかり根付くまでは乾かしすぎないように注意してください。

日陰〜半日陰で管理する

ローズマリーは、本来日当たりを好む植物です。

しかし、しっかり根付くまでは、水の吸い上げが弱いため、日陰〜半日陰で管理しましょう。 葉や土からの水分の蒸発が少なくなり、土の乾燥を抑えることもできます。

いつ地植えするか?根付いたタイミングの見分け方

わたしはローズマリーの茎が伸びるまでは挿し木用土で管理しています。 上の部分が成長する=根付いた と判定しています。

伸びてきた後も、市販の苗くらいの大きさになるまでは鉢orポットで管理します。 我が家では、あまり小さいうちに地植えすると雑草に負けてしまいそうなので^^;

たくさん増やしたらこうしたい!活用方法

庭の生垣に

ローズマリーで生垣を作るのが目標です。 和風の生垣のような整然とした感じより、少しぼさっとした樹形も楽しむナチュラルガーデンが目標。

立性ローズマリーは成長すると樹高2mくらいになるそうなので、 たくさん増やして生垣にしたいです。

ハーブティーに

今も親株でハーブティーを作っていますが、たくさん増えたらたくさん収穫できますよね。

個人的には、ローズマリーだけよりも緑茶に合わせるのが好きです。

毎日同じお茶だと飽きてしまうので、時々ハーブティーを楽しんでいます!

ポプリに

ドライハーブにしてポプリにするのもいいですね。

純粋に香りを楽しむのはもちろん、ローズマリーの虫除け効果を活かして タンスの防虫にも使えそうです。

まとめ

今年はローズマリーの挿し木に大成功したので、備忘録も兼ねて書いてみました。

ローズマリーはミント等、水が好きなハーブに比べると発根しづらいですが、 わたしはこの方法で9割以上の成功率です。

ローズマリー以外の植物にも使える挿し木の基本が詰まっているので、ご参考までに。 同じやり方でラベンダーも増やしています!

あなたにおすすめの記事↓

goonone-cafe.com

goonone-cafe.com